機織り
TOP > 工芸館 > 機織り

機織りについて

機織り作品  絣は、遠くインドに起源を発したと言われます。
この地方でも、かつては、女性であれば紡ぎ織る手仕事は普通の生業でした。出雲地方の伝統工芸として欠かせないものに機織が挙げられます。
 経糸が藍一色、白い緯糸で模様を織り出す絵絣は、故遠藤小間野が考案し、河井寛次郎が「安来織り」と命名したもので、「民芸:の前身「工芸」の表紙を飾った織物です。

機織り工体験 日時 毎日(但し、休館日を除く。)
  料金 500円〜3,000円

作家紹介

三島純子

三島純子

1947年 生まれ
1971年 祖母(故、遠藤 小間野)・母(千恵子)より織物の手ほどきを受ける
1986年 松江市北堀・荒布屋にて第1回安来織家族展
1991年 自宅にて個展
1994年 出雲かんべの里・工芸館に工房を移す
1996年 島根県優秀専門技能者認定証受賞
1999年 松江市手作り産業優良技能者証受賞
2000年 アメリカ・ニューオリンズにて展示会とワークショップ
2004年 伝統的工芸品産業功労者褒賞受賞
2005年 東京・銀座「るたん」にて第2回安来織家族展

作品紹介

作品1 作品2
作品3  

▲上に戻る