籐工芸
TOP > 工芸館 > 籐工芸

籐工芸について

籐作品  松江の籐細工は江戸時代末期に下級武士の内職として始まったと言われています。
籐細工は、全国的に職人が少なくなった現在、長崎家は幕末から続いており、籐を編み上げ花びらのような形を作る「花結」は、2代目が考案し、一子相伝の高度な技術は、花かごや茶道具の炭斗などに編まれ、珍重されています。

籐細工体験 日時 金曜日・土曜日
  料金 1,200円(材料費を含む)

作家紹介

長崎誠

長崎誠

1944年 生まれ
1969年 故父 籐吉のもとで籐細工修行を始める
1978年 5代目として長崎家籐細工を継ぐ
1994年 出雲かんべの里 工芸館に工房を移す
1995年 松江郷土館にて長崎家代々作品展(松江市へ寄贈)
1997年 手作り産業優良技能者表彰(松江市長より)
2003年 伝統的工芸品産業功労者として表彰受章
2004年 松江藩籐細工」として島根県ふるさと伝統工芸品の指定を受ける

作品紹介

作品1

作品2

▲上に戻る