ものづくり学校・語りの勉強会
TOP > 出雲かんべの里について > ものづくり学校・語りの勉強会

趣旨

かんべの里語りの勉強会
民話についての専門知識を学び、民話を語るためのノウハウを会得することを目的とします。講師は、民話館専属の「とんと昔のお話会」の次のメンバーが担当します。

(とんと昔のお話会のメンバーについてはこちらをご覧下さい)

かんべの里ものづくり学校
余暇を有効に活用するため、松江市に残された伝統工芸的手法による工芸作品(籐工芸・木工芸・機織り・陶芸・和紙手まり)を制作し、それに対する理解を 高め、後継者育成の一助ともなればと思い開設しようとするものです。講師は、出雲かんべの里工芸館専属の作家が担当します。

(工芸館専属作家についてはこちらをご覧下さい)

学習の様子

皆さん熱心に学習されています。時には笑い声もあふれ、楽しい講座を行っています。

語りの勉強会

民話講座の様子1 民話講座の様子2

ものづくり学校

機織り 機織りの様子1 機織りの様子2
陶芸 陶芸の様子1 陶芸の様子2
木工 木工の様子1 木工の様子2
和紙手まり 和紙手まりの様子1 和紙手まりの様子2

民話館のページはこちら
工芸館のページはこちら

▲上に戻る