民話の部屋
TOP > 民話館 > 民話の部屋 > 不思議な扇

民話の部屋

戻る

不思議な扇

※画面をクリックすると再生します

おはなし

語り手 鳥取県三朝町大谷 山口 忠光さん(明治40年生)

不思議な扇 昔。あるところにたいへんに信心をする人がおった。
  その人が六十日に一ぺんずつ来る庚申さんを本気で祭っていた。そうしてまた次の庚申さんのときにも、一生懸命にお供えをして拝んでいた。
  そのようなある庚申さんのときに、ふっと夢を見た。
「いいもんやるから目を覚ませ」と庚申さんが言われたので、目を覚ましてみたら、自分の目の前に扇が一つ落ちていたんだ。それでその扇をほっと取りかけたら、
「右であおげば長くなる。左であおげば短くなる」とどこからか声がする。それだけ聞いて、その人は、
ーふん、ああ、目が覚めたーと思って、それから、
ーこんないいものもらったけん、どこぞええとこへ、遊びに出てやらいーというので、その人はそれから次々と出て行って大阪まで出たら、鴻池の娘さんが格子(こうし)から外をのぞいていたそうな。
ーよーし、こいつ一つ試いてみたれーと思って、右でこうあおいだら、その格子のところにのぞいて見とった娘さんの鼻が、ぐーっと三尺まで伸びた。
「いやー、こりゃえらいことになった」というので、その家では大騒ぎで、いや医者だ、何だで騒いで見とるけど、いくら医者が来てもひっこまない。
「困ったもんだなあ」と言っていたら、その人は自分がやっぱり悪いことしているから、
ー治るもんか、治らんもんか、また治いてみにゃあいけんーという気になって、またずーっと後に帰ってきて、
「えらいこの家はそわそわそわそわしとられますが、いったいどがなことですかな」
「いや、おまえたちに言ったって分からんけど、娘さんがのぞいとったらなあ、何だか知らん、鼻がいっぺんに高んなって、大騒ぎなんだ」
「へーえ。そりゃあ気の毒なことですなあ。いや、わたしゃあ拝むぶんですけえ、わたしでよけりゃあ、ちょっと拝がましてもらいたいですけど」
「ああ、そうか、それならええことだ。入ってごせえ」ということで、その人は中へ入って行った。
  けれども、その人は拝むことは知らないし、まあ、いいかげんなことをしゃべっておいて、それから今度は左の手でぱっと、
「五寸ほど、五寸ほど」と扇いでみたら、鼻が五、六寸ほどずっと短くなる。
ーはーあ、こりゃええーと娘さんも気分がよくなってくる。
  それからその人は、その晩に一晩泊めてもらって、明くる日、モモヒキを履いて家から出かけたら、
「あんた、どこへ行かれますか」
「いや、わしゃ用があって出ようかと思っとる」
「待ってくださいよ。ここで逃げられちゃあ困る。鼻が元の通り治るまでおってもらわにゃあいけん。金がいるなら金は出しますから」と引き留められてしまった。
  それでとうとうまたひっぱり留められて、それでも何日もいるわけにはいかないので、朝一寸、昼一寸、晩一寸ぐらいずつ、少しずつ少しずつお嬢さんの鼻を縮めるようにしていって、もう三日ほど泊まっていて、で、元の通りに治したら、
「や、こりゃ命の恩人だ」というので、その人はたいへんにもてなしてもらい、お金ももらって、それで涼しい顔をして国へ帰ったって。
  そういうこと。昔こっぽり。


解説

 語り手で無形文化財的な存在といえば、嘘のように思われるが、事実そのようにみごとな山口さんの語りであった。うかがったのは昭和63年の夏のこと。そして、この話は語り手が幼少のころ、祖母のキヨノさんから聞かせてもらったもの、とのことだった。この話の型を関敬吾博士の『日本昔話大成』から明らかにすれば「笑話」の「2 誇張譚」の中に「鼻高扇」として位置づけられ、全国的にも類話は多いものである。


使い方

  1. 画面をクリックすると再生します。
  2. 途中で停止したくなった場合は、プレイヤーをクリックするか左下の停止ボタンをクリックすると停止します。
    再開する場合は、再度プレイヤーをクリックするか左下の再生ボタンをクリックします。
  3. 音量を調節したい場合は、プレイヤー左下の音量バーをクリックします。
  4. 画面を大きくして再生したい場合は、プレイヤーの右下にある□をクリックします。

戻る