民話の部屋
TOP > 民話館 > 民話の部屋 > 似せ本尊

民話の部屋

戻る

似せ本尊

※画面をクリックすると再生します

おはなし

語り手 鳥取県三朝町吉尾 別所 菊子さん(明治35年生)

似せ本尊  この村に庄兵衛というおじいさんがあって、町に牛を追って何かを持って出たり、買ってきたりする仕事で町通いをしていました。
  ところが、この下(しも)の細越(ほそごえ)というところに狐がいて、人に悪さしたり、だましたりなんかします。
  ある晩、庄兵衛が遅くなって牛を追いながらもどって来ていたら、若いきれいな娘さんが現れて、庄兵衛さんに話しかけてきました。
「どこまで帰んなはる」
「吉尾までいぬる」
「おれもそっちの方にいくけえ、なら、乗せてくれ」。
  庄兵衛さんがその娘さんを、ひょ−っと抱き上げて乗せかけたら、とても軽いので、
−ははあ、こりゃあ、おれに悪さする手だな−と思って、とてもしっかりと馬の背に縛りつけたら、
「そがにようにからみつけてごしなはらでも、落ちらせんけえ」と娘さんは言うけれども、庄兵衛さんは、
「いんや、落ったときにゃあ悪いけえ、ようにからみつけないけんけえ」と答えて、やはりしっかりと牛の鞍に縛りつけました。そうして、やがて吉尾の入り口まで帰りました。
「ここでええけえ、おろいてごしぇ」。
「だけどせっかく来なはっただけえ、うちまで行か」。
  庄兵衛さんは、その娘さんを自分の家まで連れて帰って、
「おばあさん、お客てらって(連れて)もどったけん、鍬(くわ)の鉄(かね)焼け」と言います。
  というのも、庄兵衛さんは娘を狐と見破って、その鍬の鉄で狐を焼くつもりだったのでしょうねえ。そして牛をつないで娘を下ろすようになったら、その娘はひょい−っと馬から飛び降りて、家の中に飛び込んでしまいました。
「どこに行った。どこだし出るところはないだが」と庄兵衛さんやおばあさんが、いくら部屋の中を捜してみても、さっぱり分かりません。
  それから、二人が表座敷に入って見たら、仏壇の上段にホゾン(本尊)さんが二つ同じように、こう並んでおられます。どちらが本物でどちらが狐の化けた偽物のホゾンさんか分かりません。それで庄兵衛さんが、おばあさんに、
「こりゃ、どっちがどっちだか分からんけど、うちのホゾンさんはお茶すえるとたいへん喜んで鼻もっけれもっけれさしなはるけえ、お茶、まあ、すえてみてごしぇ」と言いました。 おばあさんがお茶を供えますと、計略にかかった狐のホゾンさんが、そうとも知らず鼻をもっけれもっけれと動かしました。それで、
「ああ、こいつだ、こいつだ」と庄兵衛さんが鼻を動かした方のホゾンさんを捕まえて、その鍬の鉄をひっつけたりして仕置をしたところ、狐は、
「おれが悪かったけえ、このへんにゃあおらんけえ、こらえてごしぇえ、逃がいてごしぇえ」と懸命に謝まりました。そこで庄兵衛さんも、
「このへんにおって悪ことせにゃあ、逃がいたるけえ」と約束さしてから、狐を逃がしてやりました。
  そいから何年か経ちました。庄兵衛さんがはるばる旅をしてお伊勢さんに参っていたら、そのお伊勢さんの薮から、ばっさばっさと狐が出てきました。そして、
「伯耆の庄兵衛、伯耆の庄兵衛」と言いいます。
−だっだか(誰だか)−と思って見たら、すっかりやつれたあの狐が出てきました。
「よそに来たけど、『ここはおれが領分だ』『ここはおれが領分だ』てって、いっかなおれがハン(領分)にすうとこがなあて、このやにやせてしまった。もう悪ことぁせんけえ、もどいてごしぇ」と、その狐が頼みます。庄兵衛さんはそれを聞いて、
「なら、悪ことしぇにゃあもどいたるけえ」と言って、その狐を元の細越へ帰してやりましたと。
  こっぽり鳶の糞。


解説

 昔話の中でも有名なこの「似せ本尊」の話は山陰両県でもあちこちで聞くことのできるものである。大方の読者は幼いころの思い出として、祖父母から聞かされた体験をお持ちのことと思う。これは昭和63年8月に別所さんのお宅でうかがった。別所さんは祖母のトヨから子供時代に聞かれたものだという。
  さて、この話は三朝町吉尾、あるいは細越という地名が出ているところから、昔話の伝説化したものであることが分かるのである。


使い方

  1. 画面をクリックすると再生します。
  2. 途中で停止したくなった場合は、プレイヤーをクリックするか左下の停止ボタンをクリックすると停止します。
    再開する場合は、再度プレイヤーをクリックするか左下の再生ボタンをクリックします。
  3. 音量を調節したい場合は、プレイヤー左下の音量バーをクリックします。
  4. 画面を大きくして再生したい場合は、プレイヤーの右下にある□をクリックします。

戻る