民話の部屋
TOP > 民話館 > 民話の部屋 > 狐と猿と川獺

民話の部屋

戻る

狐と猿と川獺

※画面をクリックすると再生します

おはなし

語り手 鳥取県東伯郡三朝町吉尾 別所 菊子さん(明治35年生)

 昔、ある人が柿谷の盆町に行って、ござと塩と小豆(あずき)と買って帰っていたら、狐と猿と川獺(かわうそ)がそれを見つけて、
「あら、あの人が柿谷の町からいいもの買って帰りよるけえ、あれだまいて盗ったら」ということになって、うまく盗ったそうです。そしてそれを分配することになって、小豆は狐がもらいました。
「おれがまあ小豆取る。川獺殿は魚取るが上手だけえ、おまえ塩を取れ、から、猿は歌が上手なけえこのござ敷いとって山のウネからども歌うあならええけえ、そがせえ」というように分けました。
  そうしたところが、川獺は塩を負ったまんま川へ入ったところ、塩はみんな溶けてしまって何にもならないし、また、猿はそのござを山のウネに持って上がって敷いていて、歌いかけたところが、ずず−っと滑って落ってお尻をすってしまいました。川獺がふり向いて猿を見て、
「猿のケツは真っ赤なだって」と言ったそうです。そして、
「狐のやつめが、あいつがだまいて、おどうにこがんことをしたけえ怒ったらぁ」と二人で狐のところへ行ったら、狐は小豆を食べてしまって、小豆の皮を顔などになすりつけておき、
「柿谷の町へ行きゃあ、もうはやだまされぬ、うらぁ小豆を食ったら、こげなもんがいっと顔へ出て、ように困っとるに」と言ったそうなって。
  こっぽり。


解説

 昭和63年8月にお宅でうかがった。関敬吾『日本昔話大成』では、「動物昔話」の「二、動物分配」に位置づけられ、「猿と川獺の交換」として分類されているが、別所さんの話では柿谷という地名が出ており、伝説的な雰囲気を持っているところに特色がある。


使い方

  1. 画面をクリックすると再生します。
  2. 途中で停止したくなった場合は、プレイヤーをクリックするか左下の停止ボタンをクリックすると停止します。
    再開する場合は、再度プレイヤーをクリックするか左下の再生ボタンをクリックします。
  3. 音量を調節したい場合は、プレイヤー左下の音量バーをクリックします。
  4. 画面を大きくして再生したい場合は、プレイヤーの右下にある□をクリックします。

戻る