民話の部屋
TOP > 民話館 > 民話の部屋 > むすびを食べた地蔵様

民話の部屋

戻る

むすびを食べた地蔵様

※再生ボタンをクリックすると再生します

おはなし

語り手 鹿足郡吉賀町柿木村白谷 小野寺 賀智さん・明治23年(1896)生

 あるところにねえ、お母さんが死んで、また後のお母さんをもらいましたそうな。
 そうしたら、六つぐらいな男の子がありましたが、後のお母さんはお父さんの留守には、その子にはご飯を全然食べさせようとしません。
 その子がよそへ行っても、そこの家では、
「はあ、いにんさいよ。ご飯じゃからね」と言うので、その子がもどって、
「お母さん、ご飯を食べさしてください」と頼んでも、
「いやいや、今ごろご飯を食べるぼけゃ(ばかは)おらん。そねえなことを言わんと遊びに出んさい」と追い出すそうです。そうして、いつもいつもお父さんの留守にはご飯を食べさせません。
 ところが、ある日、その子がまた同じことを言ってもどって来たので、
「そねえにご飯が食べたけりゃあ、あんな下(しも)の地蔵さまへ、このムスビょう持っちってあげて、これを地蔵さまが食べんさったら、おまえにもご飯を食べさしょうが、そうでないとご飯を食べさせん」とお母さんが言いました。
 すると、その子は喜んでそのムスビを地蔵さんに持って行って、お地蔵さまに向かって、
「地蔵さま、地蔵さま。どうぞこのおムスビを食べてください。こりょう食べてくださったら、わたしもご飯をもろうて食べることができますが、そうでないとわたしゃあ、いつもいつもお父さんの留守にゃあ、ご飯をようもろうて食べませんから」と言って泣いて頼んでいましたら、その石のお地蔵さまが手を出して、そうして、そのおムスビをつかんでパックパック食べ始められました。
 その子は、家へとんで帰り、お母さんに、
「やっあれ、お母さん。お地蔵さまがムスビを食べんさるから、わしにも食べさしてくれえ」と言いますと、お母さんは、
「バカたりょう言うな。石のお地蔵さまがムスビゅう食べんさろうことがあろうか。おまえがそう言うて食べたんじゃろう」と言います。しかし、男の子は、
「いや、そうじゃあない。来て見んさい。隣のおばさんも来て見んさい。今食べよりんさる」と言います。
 このようにその子があまり騒ぐので、連れだって行って見ると、石の地蔵さまは頬ぺたへご飯をつけられたりしながら、やっぱりパックパック食べ続けておられる。
 お母さんはびっくりしました。そして、
「わああ、こりゃあわしが悪かった。今までご飯を食べさせないような悪いことをしたが、石の地蔵さまがおムスビなんぞを食べんさろうことはないのに、こういう見せしめをわしにしんさるに違いなあけえ、これからぁこの子にご飯を食べさせます」とお詫びを言って、それからは自分の本当の子のように、その子をかわいがったということです。


解説

 昭和39年にうかがった話である。継子譚に属するこの話は、関敬吾博士の『日本昔話大成』の中には話型登録がされていない。ということはこれは単独伝承型であるということなのであろう。そしてもちろん、わたしのこれまでの収録でも、他に同類の見つからない話なのである。ただ、慈愛溢れる地蔵信仰を背景に成立したものであることだけは、これによって分かるのである。




使い方

  1. プレイヤーの左の再生ボタンをクリックすると再生します。
  2. 途中で停止したくなった場合は、プレイヤーの左の停止ボタンをクリックすると停止します。再開する場合は、再度プレイヤーの左の再生ボタンをクリックします。
  3. 音量を調節したい場合は、パソコンや携帯端末のボリュームにて調整してください。

戻る